民事再生の手続き

弁護士に依頼して民事再生の手続きを進めると、まずは取り立てや返済をストップさせることができます。民事再生の手続きをする条件として、返済する能力があるかがポイントになります。長期的に返済能力がない場合は、自己破産になる可能性がありますが、その後の社会的な制限がかかるのでなるべく避けたいです。民事再生をするには再生計画を作成して、債権者に同意してもらい、裁判所に許可をもらうことで手続きを進めることができます。民事再生は事業者向けに作られている法律なので、個人でも利用することができますが、法律上の整合性が取れない部分が出てくるので、個人向けの個人民事再生があります。

民事再生の手続き民事再生の手続きを行うと、住宅などの財産を手放すことなく、借金を減額することができ、条件によっては10分の1から5分の1に減らすことができます。減額した借金を3~5年の期間で分割して返済していくことができるので、事業計画を見直して再建することができます。個人民事再生の場合だと、民事再生の手続きをする前に利息制限法の上限金利を調べて、過払い金の返還請求を行います。まずは返済する借金がどれくらいあるかを調べてから再生計画をたてます。複数の貸金業者の手続きもまとめて整理することが可能で、個々の状況に合わせて対応してくれます。


債務整理の種類

民事再生民事再生などの債務整理をする際は、まずは法律の専門家である弁護士に相談をすれば、どのような手続きが適切であるかを判断してくれます。弁護士に相談するメリットとして依頼することで、まずは借りた業者からの取り立てをストップしてくれます。取り立てを止めてくれることで精神的な安定を得ることができます。債務整理には手続きの種類がありますし、それぞれに条件がありますので、自身の財産の状況や借金の状況などを総合的な判断が必要になります。個々人の条件によって自己破産か民事再生か、任意整理かと適切な手続きを検討することができます。

民事再生の手続きは裁判での手続きになるので、裁判所が判断してくれれば債務(借金)が減額することがあります。任意整理は裁判上の手続きがないため、弁護士と借りた業者との交渉になりますので、場合によっては合意できないケースもあります。民事再生は裁判で決定した事柄なので強制力があり、借りた業者も従ってくれるメリットがあります。民事再生には個人民事再生(個人再生)のように似たような言葉があります。民事再生は法人を対象にしたもので、個人民事再生とは個人を対象にしたもので、小規模個人再生・給与所得者等再生とも呼びます。


弁護士に民事再生相談

自己破産

借金をしていて返済が難しなった時は、民事再生の手続きをすることで借金返済の計画をたてることができます。借りるときは返済する能力があったけど、どうしても返済できなくなるケースもあります。個人で悩んでしまうと返済の取り立てが怖くなってしまい、将来に対して不安になってしまう事もあります。手続きを進めることで将来設計ができるようになります。弁護士に依頼をすれば返済のスケジュールが明確になりますので、自身の将来設計をたてやすくなります。無料相談を行っている所もありますので、まずは弁護士に民事再生について相談してみると将来に向けて前向きに進むことができます。

民事再生に限らず借金の返済について整理することを債務整理と呼びます。債務整理にはいくつかの選択肢があり、自己破産・民事再生・任意整理などがあります。自己破産は借金の支払いが免除される制度で、支払いから解放される精神的なメリットはあります。自己破産する際は自身の財産を手放すことになり、就けない職種などの制限もあります。自己破産をすると社会的な制限が発生してしまうデメリットがあります。任意整理とは弁護士が代わりになって借りた業者と交渉をしてくれる手続きます。返済期間を延長することや、利息のカットなどを交渉してくれます。任意整理は裁判上の手続きがないため、その後の法的な制限がない特徴があります。民事再生は自己破産と任意整理の中間のような手続きで、住居などの生活環境は残しつつ、借金の総額を減額することができる制度です。