民事再生の手続き

弁護士に依頼して民事再生の手続きを進めると、まずは取り立てや返済をストップさせることができます。民事再生の手続きをする条件として、返済する能力があるかがポイントになります。長期的に返済能力がない場合は、自己破産になる可能性がありますが、その後の社会的な制限がかかるのでなるべく避けたいです。民事再生をするには再生計画を作成して、債権者に同意してもらい、裁判所に許可をもらうことで手続きを進めることができます。民事再生は事業者向けに作られている法律なので、個人でも利用することができますが、法律上の整合性が取れない部分が出てくるので、個人向けの個人民事再生があります。

民事再生の手続き民事再生の手続きを行うと、住宅などの財産を手放すことなく、借金を減額することができ、条件によっては10分の1から5分の1に減らすことができます。減額した借金を3~5年の期間で分割して返済していくことができるので、事業計画を見直して再建することができます。個人民事再生の場合だと、民事再生の手続きをする前に利息制限法の上限金利を調べて、過払い金の返還請求を行います。まずは返済する借金がどれくらいあるかを調べてから再生計画をたてます。複数の貸金業者の手続きもまとめて整理することが可能で、個々の状況に合わせて対応してくれます。