弁護士に民事再生相談

自己破産

借金をしていて返済が難しなった時は、民事再生の手続きをすることで借金返済の計画をたてることができます。借りるときは返済する能力があったけど、どうしても返済できなくなるケースもあります。個人で悩んでしまうと返済の取り立てが怖くなってしまい、将来に対して不安になってしまう事もあります。手続きを進めることで将来設計ができるようになります。弁護士に依頼をすれば返済のスケジュールが明確になりますので、自身の将来設計をたてやすくなります。無料相談を行っている所もありますので、まずは弁護士に民事再生について相談してみると将来に向けて前向きに進むことができます。

民事再生に限らず借金の返済について整理することを債務整理と呼びます。債務整理にはいくつかの選択肢があり、自己破産・民事再生・任意整理などがあります。自己破産は借金の支払いが免除される制度で、支払いから解放される精神的なメリットはあります。自己破産する際は自身の財産を手放すことになり、就けない職種などの制限もあります。自己破産をすると社会的な制限が発生してしまうデメリットがあります。任意整理とは弁護士が代わりになって借りた業者と交渉をしてくれる手続きます。返済期間を延長することや、利息のカットなどを交渉してくれます。任意整理は裁判上の手続きがないため、その後の法的な制限がない特徴があります。民事再生は自己破産と任意整理の中間のような手続きで、住居などの生活環境は残しつつ、借金の総額を減額することができる制度です。