債務整理の種類

民事再生民事再生などの債務整理をする際は、まずは法律の専門家である弁護士に相談をすれば、どのような手続きが適切であるかを判断してくれます。弁護士に相談するメリットとして依頼することで、まずは借りた業者からの取り立てをストップしてくれます。取り立てを止めてくれることで精神的な安定を得ることができます。債務整理には手続きの種類がありますし、それぞれに条件がありますので、自身の財産の状況や借金の状況などを総合的な判断が必要になります。個々人の条件によって自己破産か民事再生か、任意整理かと適切な手続きを検討することができます。

民事再生の手続きは裁判での手続きになるので、裁判所が判断してくれれば債務(借金)が減額することがあります。任意整理は裁判上の手続きがないため、弁護士と借りた業者との交渉になりますので、場合によっては合意できないケースもあります。民事再生は裁判で決定した事柄なので強制力があり、借りた業者も従ってくれるメリットがあります。民事再生には個人民事再生(個人再生)のように似たような言葉があります。民事再生は法人を対象にしたもので、個人民事再生とは個人を対象にしたもので、小規模個人再生・給与所得者等再生とも呼びます。